総量規制の例外規定

貸金業法の改正により総量規制が始まりました。総量規制は多重債務防止の為に貸金業者に貸し出しを制限しています。

それで債務者は年収の3分の1までしか借りられなくて、借りる時も1社当たり50万円以上、または他社との合計額が100万円以上は収入証明書を提出しなければならないです。そして収入が無い人は借りられないようになっています。しかし総量規制には例外規定が有って、借り換えローンは借りることが出来ます。

だからおまとめローンは借りられます。また医療費や社会通念上必要とされるものは10万円まで借りられる事になっています。

これらは消費者保護の観点から、例外規定として認められています。担保付ローンも返済は最悪担保の売却で行えるから例外となっています。

roon

そして個人事業主も例外扱いです。それで貸金業者は自営業者とか個人事業主には厳しかったけど、貸出先を増やす為に甘くなって個人事業主向けのローンまで提供するようになりました。

自動車ローンも例外でして、この場合は返済は自動車を売却して返済出来るとの観点から例外になっています。配偶者は自身の収入と主人の収入の合計の3分の1まで借りることが出来ます。それで専業主婦は収入がゼロだから、本来なら借りられないけど、夫に収入が有れば借りることが出来ます。

その代り夫の同意が必要でして、専業主婦が貸金業者から借りる場合は、夫の同意書を提出しなければならないです

それで消費者金融は利用者が少ないということで、専業主婦への貸し出しを停止しています。総量規制の例外は以上で、例外規定が変更になる場合が有るので、その都度確認が必要です。

SNSでもご購読できます。