総量規制だと借りれない?総量規制に甘い貸金業者は?

金融業界には貸金業法という法律があります。これは金融業界に関するもろもろが決められている法律なのですが段階的に変更しながら施行されており、2010年に今の形に落ち着いています。

総量規制とは?

その中に「総量規制」というものがあります。これは金融業者が利用者に対して貸し付けをできる金額の上限を定めたものなのですが、業者は「利用者の年収の3分の1」までしかお金の貸し付けができません。

例えばある人の年収が300万円だとすれば、金融業者はその人に対して年収の3分の1の100万円までしか貸し付けを行うことができないわけです。

もし仮に複数の業者でお金を借りている場合にはそれらの合計が3分の1を超えてしまうとアウトで、その人はそれ以上既に契約している業者からも、新しい業者からもお金を借りることができません。

総量規制に引っかからない銀行系のカードローン

総量規制
では仮にそんな状況に陥ってしまった時に、緊急にお金が必要になった場合にはどうすればいいのでしょう。

総量規制の壁があるので、これ以上金融業者からお金を借りることはできません。そういった時に頼りになるのが「総量規制対象外の銀行カードローン」です。

前述した貸金業法というのは金融業界に対する法律であり、銀行はその対象外なので必然的に総量規制対象外にもなるわけです。

しかしいくら総量規制対象外といっても当然お金を借りようとするわけですから審査はありますし、既に消費者金融等でお金を借りているような場合ではもしかするとすんなり審査が降りないかもしれません。

ですが、総量規制に悩まされているような時に1つの解決方法として銀行カードローンという選択肢が頭にあれば危機を脱することができるかもしれません。

総量規制についてはよく理解しておくと限度額を考えるときに便利です。

総量規制に甘い貸金業者は?

街金業者

銀行系のカードローン以外では、総量規制の対象になり現実的には、融資は厳しいと考えられます。

そもそも正規の貸金業者は貸金業法を厳守して経営されているため、安全で安心できるクリーンな業者です。そのためドラマで見るような取り立てや脅しなどは一切ありません。

しかし、どうしても融資が必要で、かつ総量規制対象外で借りることのできる貸金業者があります。

闇金です。闇金はおすすめできませんが、現状の生活が脅かされている状態ではそうはいっていられません。

ギャンブルやお酒など、自分の欲望のままにお金が必要な方は絶対に利用しないほうがいいでしょう。しかし、どうにもならない理由がある場合、例えば急な病気や入院などの場合、仕方ないのかもしれません。

闇金を利用するときはリスクと金利をよく理解した上で利用しましょう。

SNSでもご購読できます。